?WP-DB-Backup が データーベースのみの バックアップ

であり 画像ファイル テーマ プラグイン などは 別途に 保存する必要が

あるのに 対して

BackWPup は すべてを一元化して 様々な保存先を

設定できるので

バックアップ先を 無料クラウドサービス Dropbox へバックアップする設定をしてみました

いつもの通り 備忘録記事なので

新しい 発見があれば 追記という

未完成な 情報ですけど あくまで 参考ということで、、

wordpress は 新しい事が あまりに 多く

備忘録 サイトを 作りながら 控えと テストを しています

 

バージョンが 上がる度に せっかくの 諸先輩の サイトの 情報が プラグインの

畫面と 異なることが 多く 苦労します

 

BackWPup

プラグイン 新規 から 検索して インストール

プラグインのインストールは必ず(インストール前にどのバージョンに対応するのか

更新日はいつなのか など 調べて インストールが お勧めです)

本当に 確認したいのは どこまで phpを改ざんするのか しないのかなどなど

ですけど

有効化すると ダッシュボードに 設定メニューが出ます

 

backwpup01-1

 

?backup プラグイン ワードプレス BackWPup

 

?backup プラグイン ワードプレス BackWPup

 

宣伝が出てきて でも 希望は 無料コースなので

左側 ダッシュボードの 「BACKUPWPup」「Dashboard」をクリック 設定

BackWPup Settings

Show BackWPup links in admin bar. にチェックを入れると

一番上の サイトタイトルの横にも プルダウンで バックアップ開始の操作ができるようになります

ダッシュボードの 「Add New Job」 で バックアップ設定を 新規作成したと思います

 

BackWPup設定方法

 

———————————————————————————

バックアップ対処に ファイル・フォルダーを入れると

タイムアウトで 落ちるので データーベーステーブルと プラグインリストだけにしたほうが

いいです。

 

日本語表記のものは 日本語化したのではなく 翻訳しながら 設定した画面のハードコピー

設定したい バックアップの名称を 考えて入れます  日本語はさけて

サイトURL+backup とか 適当に

 

?backup プラグイン ワードプレス BackWPup

 

job は 自分が保存したい 設定の好きな 名前です

例えば 保存先だけちがう 2つの 設定をもつとか

 

以下は 英語版のまま

Taskについては 今後も勉強しないと 詳しくないです

 

「General」

バックアップ プラグイン

 

 

タスクは 最低限の3つを選んで

圧縮形式を好きなのを選んで

エラー以外にも バックアップが 成功してもしなくても メールで作業完了の報告が

欲しいので チェックボックスは 入れずに

フィールドからの電子メールには どんなタイトルで このプラグインからメールが

欲しいか 決めて 入れておく

他の メールと混じらないように 振り分けしやすいよう 「BackWPup-サイト名-保存先」

みたいな 名前でいいかと

 

その後は タブ 「General」から右に 6分類の 設定 

右端は 保存先に「」を 選ぶと その設定画面になっているかと

先に アカウントを作っておくとよいかも

 

「Scchedule」

 

?backwpup05

ここは バックアップのスケジュール 更新頻度によって 頻度と自動バックアップ

の開始時刻を設定 みんなデフォルトでしそうなので 少しずらして・・・

スタートジョブは クローンでいいのか 不明・・

 

「DB Backup」

ここが 一番肝心なので

しかも 環境によって 違いそう

1データーベース 1サイトなら 「all」でいいでしょうけど

マルチでもないのに 無理やり 複数の WordPressがあるなら

テーブルで分かれていそうなので

インストールした フォルダーにある 「wp-config.php」を開くと

次のようにあるのが テーブル接頭語では ないかと

 

/**
?* WordPress データベーステーブルの接頭辞
?*
?* それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
?* インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
?*/
$table_prefix? = ‘wp1_’;

/**

 

backup プラグイン ワードプレス BackWPup

 

まあ これは 詳しい人のサイトを また折をみて 見つけて 勉強します、、

おそらく 気を利かして 最初から チェックが入っているのではないかと

 

「Files」

バックアップ ファイル設定

ここが 一番 肝心な BackWPup らしきところの 一つかと

なのに 今ひとつ 実験してみないと

?「Extra holders to backup」はおそらく 設定にない 任意のファルダーが

指定できるのだと 思うけれど

その必要があるのか 

プラグインによっては 作業のファイルを任意の場所に 作ったりするけれど

それは プラグイン名に チェックを入れるだけでいいのか

答えは ユーザーそれぞれに その環境をみて 決まるものなのかも

難しいので そこは

例え テストをしても テスト後の 新規導入プラグインとか

気になる バックアップ環境の変化もあるだろうし

 

とりあえず チェックボックス分で やって見ることに

 

「Plugins」

ここは デフォルトで 

「To Dropbox」

https://www.dropbox.com/ とにかく アカウントを 作って

「ワードプレス用のホルダー」を作り 複数のサイト運営をしているなら

その下に「サブフォルダー」を作ってもよし

つまり ここには そのホルダーの階層を 入力する

 

***back/****/ みたいな ことに

実際 アカウントを作って 場所を決めて

また バックアップを 履歴何回まで 残すか 回数も入力

 

?backup プラグイン ワードプレス BackWPup

「Reauthenticate(full box)」を押すんだと思うんですけど

そこで以下の様な 接続認証が 行われます

以後は 自動です

WordPress バックアップ プラグイン BackWPup

 

バックアップが 完了すれば メールでお知らせが来るし

 

任意のタイミングで バックアップしたければ

ダッシュボード より上の 黒バックの メニューバーに

「BackWPup」が現れるので Job名を 実行させるように クリックすればいい

「Run Naw」クリックです

 

以下は dropbox の畫面

WordPress バックアップ プラグイン BackWPup

 

もし 以下の様な エラーでした

というメールが来たら 失敗しているので

ロリポップであれば PHPを 5.4にすることで 解決 (原因がそれであれば)

単に バージョンアップといっても

WordPress 怖いです

すごく複雑なことを 簡単に 実現出来るだけに

不覚を とるときも

テーマのバージョン プラグインの WordPressの 各バージョンの ちぐはぐさ

一つで 簡単に 大量の 苦労して書いた 記事が 消えてしまうことも

たいていは 消えたと思って 余計なことをしてしまう らしい

WordPressでPHPをバージョンアップしたら真っ白画面に

WordPress バックアップ プラグイン BackWPup

 

?なお dropbox では 友達紹介 スマホなどへも 設定することなどで

無料 領域が 大幅に 増えるようです