WordPress Database Backup

プラグイン検索名 (WP-DB-Backup)

詳しいわけではないので、色々なサイトの情報を総合して、なお使ってみてこうではないか。

ということを解説してみますね。 情報が多いのは、WP-DBManagerの方ですが。。 結局、バックアップは簡単。 

復元はそうは簡単ではない。というのは共通のようです。 とりあえず、バックアップの方法ですが。

 

「プラグイン」「新規追加」「WP-DB-Backup」と入力 公式サイトから 選択してインストール 「有効化」 その後、「ツール」「バックアップ」を選ぶ。 

(もしプラグインが WP-DBManager の場合、ロリポップなら、ここで一端エラーメッセージ)

 

?それはおいて、気になる方はこちらのサイトが解説してくれています。

(WP-DBManagerをロリポップで使う場合の設定方法 | SEOテンプレート比較 http://www.seotemplate.biz/blog/wordpress-plug/3482/

 

このプラグイン どうも手動なら画面の上部を操作するようです。

そのつどの設定なので、チェックボックスはバックアップ後、元に戻ります。

つまり、自動バックアップの前に、最初の1回は、チェックボックスにチェックして、それぞれの種類のバックアップをやっておこう。

?

その後は、自動バックアップはメールで届く、添付ファイルをバックアップ(下部の部分)その添付ファイルを好きに保管しなさい。

ということかと思います。

チェックボックスは、プラグインなどの設定関連の情報らしく必須ではないのかも。

 

データベースに一度バックアップ 自分のPCにバックアップをするとインジケーター100%の時点で、開くか保存するか聞いてくるので、保存で、PCの場所を選択して保存。

(類似プラグインWP-DBManagerがエラーというのは、プラグイン側で用意されているフォルダーに書き込み設定がされていない!という警告が出るため? たしか)

 

参考サイト内記事 サーバーにWordpressを自動インストールすると最初から入っているプラグイン

下、半分の「定期バックアップ」は変えない限り、チェック後、「定期バックアップ」ボタンで、設定が確定。

 

その後はメールが届きます。

ヤフーメールなら、POP転送しなければ、ヤフーに残るし、PC転送ならパソコンに残るし。

という感じです。

 

疑問なのは、プラグインの設定はバックアップしないといけないのか? 容量は極わずか。

バックアップ時とプラグインの種類が変わっていてもいいのか??

ともかく復元の情報はまだ調べていないのですが、 参考に読ませていただいたサイトをご紹介

 

「WordPress Database Backup」プラグインの使い方

 

ちなみに、このサイト程度なら01MB 1500点の商品をインポートしたショップで2MBでした。