ショップの商品データーを一括でインポートする時に、記事内に画像を呼び込めるように、短い説明文の抜粋と、画像のコードを含めたコードをインポートデータに書いておきます。

例えば

<img src=”http://www.moshimo.com/item_image/00003000003**/1/l.jpg” alt=”いびき対策グッズ スノアゴン 【首巻タイプ】” width=”150″ height=”150″ />のようなコードを含めておきす。

左回り込みでも、左寄せの記述も混ぜてもいいですが。

これで、記事中に画像入りの商品説明の記事が出来きます。

でも、この画像を、スマホでの表示や、よくクリックされる人気商品の一覧(人気ベスト10)などをサイドバーなどに表示する時の、「アイキャッチ」に、どう自動入力するのか悩みました。

そこで、Auto Post Thumbnail というプラグイン。

インポート前に、インストールしておけば、インポート後に、開けば、全記事に「アイキャッチ」が勝手に入力されているようです。

また、後から、Auto Post Thumbnail を導入した場合には。

設定 Auto Post Thumbnail から 「Generate Thumbnails」ボタンを押すと、インジケータが横に伸びながら作業をし始め、100%になるとアイキャッチが設定されています。

インポートによる、画像の取扱いには必須のプラグインとして使っています。