User-Agent Switcher が良かった お話です

スマホや携帯のシュミレーターは色々 使ってみました

Firefox の アドオン FireMobileSimulator
ドコモやAuの 開発用の シュミレーターも 携帯サイトの
確認にも 使いました

が、ページを移動すると おかしくなる 落ちてしまう
表示が出来ない などなど 異常をきたすことが・・

結局 携帯や電気やさんの 売り場で確認したり ^^;

そう 私は 買うなら タブレットにしようかと
しかも、まだ 思う機種が出ないので 買っていません

以下は 一時期お世話になった
Goo サイトビュワー

http://emu.mobile.goo.ne.jp/emu/emu.php

 

スマホサイトビュワー

 

そして、1年ほど

mac系 ブラウザ safari で ユーザーエージェントの 設定により

十分に 確認出来ていたのですが

最近、PC用のサイトの表示を速くするための キャッシュのせいもあり

PCサイトが表示されたり (これはあくまでPC側のプラグインの設定

などの問題ですけど)

 

スマホシュミレート safari

 

スマホ専用 サイト 作成ツールで 作ったサイトを シュミレートしていた時

次ページに遷移した時に 移動先の サイトは スマホ切り替えの はずな

のにPC用の画面しか出てこない 問題が・・・

 

しかも safari 起動中に とても パソコンが重く

WIN7で このときだけ 冷却ファンが ぶんぶん 回るんです;;

 

そんなこんな で 新しい シュミレーターを探して みたら

最近 Firefox が 重いので 特に閲覧だけなら Chorme を常用していたのですが

そこに 結構 いい機能があって (悪いこともいっぱいなんですけど・・)

 

URL 簡単 短縮 機能 (参考記事)など 案外いい機能が あるじゃん

とおもいつつ探したら ありました

User-Agent Switcher ブラウザGoogle Chrome のアドオン

追加機能です

 

URL 短縮の時のように Chrome ウェブストア

で User-Agent Switcher を検索窓で 検索語 追加を押すだけです

 

User-Agent Switcher

 

鉄仮面の アイコン を 押すと出てくる 画面に シュミレーションしたい エージェントを

選んで リロード (表示しているサイトのURL アドレスにカーソル エンター押す)

その他 右クリック 更新 最新の状態 などなど (Chromeなので 再読み込みクリックかな)

 

元に戻すには 上の 緑囲みの デフォルトでいいと思います

 

よく見ると 結構 シュミレーション出来るんですね Opera IE9 なども 見えています

たいしたもんだ

 

それで 他のシュミレーターで 出来なかった(その作りかけのスマホ専用ツールでできたサイトに

限ってですが safariは 相当信頼出来る 表示の正確さだった 当たり前か?)

 

話はそれましたが この User-Agent Switcher を使っての リンク先の 遷移はうまく表示

され リンク先の エージェント切り替えの 問題では無いことが 判明しました

 

User-Agent Switcher スマホ シュミレーター

 

上は

Chrome ウェブストア での User-Agent Switcher 導入済みの画面

 

最初は 左上の ウェブストア の 文字の下の 検索から 探してみて下さい。

 

色々な ブログサービスで 「このブラウザでは正常に動作しない可能性があります」

と警告される Chrome ですが 表示速度は早いので やはり使ってしまいます。

 

?———————————————–

追記

最近は 一個のテーマでスマホまで見られる レスポンシブデザインテーマを 使用するように

し始めたので FireFox の WEB管理 レスホンシブビュー で 見たり

そのまま ブラウザの横幅を マウスで縮めるだけで 確認しています